初心者でも始めやすい資産運用とは?

積立投資の効果と有利性

初心者でも始めやすい資産運用方法として、積立投資というものがあります。これは、毎月一定の金額を投資信託などに投資していくという投資手法です。それでは、なぜこの投資手法が初心者にオススメなのでしょうか。それは、まとめた金額を一時期にいっぺんに投資してしまうと、それが値上がりする可能性もありますが、逆に値下がりしてしまう可能性もあるからです。
将来の株式市況がどのようになるかは、専門家でも当たらないことが多いですから、初心者が当てるのは非常に難しいと言うことができるでしょう。株式市況が低迷している時は株の買い時と言えますが、そのような時には皆警戒して、株式に投資するのは危険だと思ってしまいがちです。

ドルコスト平均法と積立投資

逆に、株式市況が活況を呈している時には、皆の警戒が緩んで、株への投資をする人が増えますが、このような時の株価は既に割高の状態になっていると言えるでしょう。ですから、初心者が株の売買をする場合には、失敗しやすくなっているわけなのです。
これが、毎月一定金額の積立投資にしておきますと、株価が下がって割安となっている場合には、多くの単位株を購入することになりますし、逆に株価が上がって割高となっている場合には、少量の単位株を購入することになります。ですから、積立投資をしている場合には、大儲けをするということはありませんが、大損をすることもないわけなのです。このような積立投資の有利性は、ドルコスト平均法として知られています。